松阪山桜ロータリークラブ【第2630地区・三重県松阪市】

松阪山桜ロータリークラブ【第2630地区・三重県松阪市】


会員の責務

ロータリアンがロータリーから何を得るかは、およそロータリーのために何をしたかにかかっています。会員としての義務規定の多くは、ロータリー活動に全面的に参加し、その体験を楽しむことを目的に定められています。

出席

毎週、例会に出席することで、クラブでの親睦を深め、専門分野や個人的知識を豊かにすることができます。会員が所属クラブの例会に欠席した場合は、その穴埋めとして、世界中に存在する他のクラブの例会に出席してメークアップをし、ロータリーでの体験をさらに広げることが奨励されています。

奉仕

クラブの会員は、地元や海外での奉仕プロジェクトに参加し、自分の時間と才能を最大限に生かせるところでボランティア活動を行うことができます。以下の「四大奉仕部門」は、ロータリーの理念の礎であり、クラブ活動の土台を成しています。

  1. クラブ奉仕は、クラブ内の親睦を充実させ、クラブの機能を効果的に高めることを主眼とします。
  2. 職業奉仕はロータリアンが自らの職業を通じて人々に奉仕し、高い道徳水準を実践することを奨励します。
  3. 社会奉仕は、地域社会の人々の生活の質を向上させるためにクラブが行うプロジェクトや活動です。
  4. 国際奉仕は、世界中におけるロータリーの人道的な活動を広げ、世界理解と平和を推進する活動を含んでいます。